いろんなメニューがあります

かにのシーズンはじめに、テレビでかにを特集していました。

通販でも売っているということで、みんなで「おいしそう」といったくらい、身の詰まったかにがたくさん入っていたので、ちょっと不安もありましたが、送料無料が決め手になり注文しました。

とはいえ、生鮮食品の通販は初挑戦だったため、商品が届くまでは、正直不安でしたが、届いてみれば身が詰まったかにばかりで、安心しました。

味もテレビの紹介の通り、家族もお客様も大絶賛でした。

今でも家族でかにの話をします。

今年も買いたいです。

中華料理、いろんなメニューがありますよね。

そんな中、高級料理として知られているのが上海蟹ですが、そもそも上海蟹とは、どういった蟹を言うのかと言うと淡水蟹のうち、中国でも揚子江下流域で見られ、これを指して上海蟹というのです。

常に市場で扱われており、どの時期に行ったとしても食すことはできますが、メスの場合は多くの卵を含んでいる10月あたりと、雄の上海蟹の場合は11月頃がよく、特にこの時期の白子の口当たりはねっとりとしていて最高の食感で、極上の味として貴重な一品です。

美味しい蟹が食べたいですよね。

私も蟹が好きなので、通販で簡単に美味しい蟹が買えるのはありがたいです。

しかし、初心者は気をつけるべき部分もあります。

通販ではお店と違い、現物が見えないので、何キログラム、何杯など、量の確認は入念にしましょう。

購入者を欺こうとする悪質な業者もいるのです。

また、初めての人は蟹の解凍でも失敗しやすいです。

生鮮食品の解凍は難しいものです。

解凍の際には急がず、ゆっくり行うのが鉄則ですね。

蟹のうまみは急いで解答すると損なわれてしまうので気をつけましょう。

かに通販を検索してみると、ズラッとかにの販売会社が並んでいます。

同じようなお店ばかりでこんなにも多くのお店があり、かにも、こんなに色々あったかと思うほどの豊富さです。

選んでもらいたくて虎視眈々と待ち構えているお店の数々を選ぶだけでも大変なのに、かにときたらますます無理です。

誰か助けてと言って丸投げしてしまいましょう。

選ぶに当たっては難しいことなんて何一つありません。

右へならえの日本人らしく、人気のものを選ぶことです。

そんなことぐらいなら考えれば誰だってわかると思うかもしれませんが、その点を押さえるだけで結果が変わってくるのです。

人気が一目で分かるランキングや売れ筋のランキングなどは大変参考になるでしょう。

何回かの購入で人気と自分の好みとのギャップがはっきりしてきたら、1位ばかりでなく、少し順位は下でも面白いお店がわかってきて、かにの奥深さを感じられるようになるかもしれません。

紅ズワイガニというと、ズワイガニに比べたらおいしくないともっともらしく言われますがそれは思い込みかもしれません。

記憶をたどって、紅ズワイガニは全部おいしいと思ったことがないならおいしい紅ズワイガニを味わったことがないだけだと思います。

本当のところ、新鮮な紅ズワイガニならみんながおいしさを認めます。

新鮮な紅ズワイガニは手に入りにくいのでおいしくないと思われているのかもしれません。

かにのシーズンになれば、どうしてもかにを食べたくなりますね。

かにの産地からお取り寄せできるインターネットのサイトを利用してはいかがでしょうか。

おいしいかにを探すのはなかなか大変ですが、インターネット通販は、各産地から直接送れることで、掘り出し物のお値打ち価格のかにが見つかることも決して珍しくありません。

味にうるさい方、お得なかにを買いたい方も、ぜひ一度、ネット検索してみるのがお得なことは間違いありません。

蟹に解禁日があるって知っていましたか? 蟹というのは実は水揚げできる時期が限られています。

それはなぜかというと、解禁日というものがあるからです。

無秩序な乱獲を防ぐためにも、地域によって蟹漁が解禁される日が定められていて、蟹をとってもよいのは解禁日以降のみとするという取り決めになっているのです。

蟹の旬を逃さないためには、解禁日がいつ頃になるのか、ちゃんと調べておくことが大事だと覚えておきましょう。

通販サイトをのぞいてみると、かに通販の特集がびっくりするほどたくさんあります。

通販で食品を買うのは難しく、どこから買えばいいのか迷う人がたくさんいるのは仕方ないでしょう。

かに通販のビギナーです、そういう方のためにテレビ通販があるのです。

一年中あるわけではありませんが、テレビ通販のかには多くの人から高い評価を得ているものがほとんどで、自分で業者を探せない人には向いています。

支払いや返品も含め、通販初心者でも安心して買えます。

ただし、ネットより多くの人が見ているので、カニのお取り寄せのおすすめのいいものは売り切れ必至です。

 

 

お独りさまの良さを学ぶ

友人が一人でカフェに行って読書したり、ご飯を食べたりして半日くらいボーっと過ごすというのを聞いて、「なんて贅沢な時間の過ごし方なんだろう」と感激してしまいました。

私にも一人っきりになる時間くらいはありますが、大抵の場合は家にいる時に限られます。

そこを敢えて外に出て、一人の時間を楽しむなんて、大人だわあ。

ちょっと真似したくなりました。

でも、私にはカフェというものが、居心地の良いところには思えません。

なんとなくオシャレ過ぎて、私の感性とはマッチしない気がします。

さて、どうしましょう。

そこで思いついたのが、独りラーメンです。

ラーメンって、ちょっとばかしハードルの高いお独りさまスポットな気がします。

女性のお独りさま好きとしても、難度がウルトラ級なような。

でも、ラーメンってスピード勝負の食事ですから、誰かと一緒に行くと、そのペースに合わせるのが嗜みですよね。

だけど一度でいいから、最初にビールとメンマを食べようかなとか、思い切ってラーメンライスの炭水化物祭りがしてみたいとか。

考え出したらどんどんと野望が、浮かび上がってきました。

うふふ、お独りさまデビューがラーメンだなんて、私も上級クラスに仲間入りだわ。

ただ、どこのラーメン店に行こうか、著しく迷ってしまいました。

カウンターだけのお店で、ゆっくりと自分のペースで過ごすほど、肝が据わっているわけではありません。

見知らぬお隣さんのペースに合わせてしまいそうな、自分がいます。

やっぱり、ラーメン店は早すぎたのかしら。

 

 

生き物ってすごいですね

先日、家族でおでかけをしようと外に出た矢先の出来事です。

子供の悲鳴に、どうしたことかと、慌てて私も飛び出しました。

子供はというと、玄関のすぐ脇にある庭木を指さして、しきりに「気持ち悪い!」と叫んでいます。

見ると、太さ1センチ、体長5センチ以上はありそうな巨大イモムシが、葉っぱをむしゃむしゃと食べていました。

それも、1本の木に10匹以上もいるのです。

昆虫の類にあまり抵抗のない私でしたが、これにはさすがに鳥肌が立ちました。

これ、もしかして去年に、お隣の庭に出たやつと同じじゃないかな?と思い、足元を見ると案の定です。

オシロイバナの種にそっくりな、巨大な糞が無数に落ちていました。

体が大きな分、糞のサイズもかなりのものになるんですよ。

生き物ってすごいですね。

なんて、感心している場合じゃありませんでした。

半分パニックの子供は、おでかけの予定を急遽繰り上げて、イモムシ退治を決心したようです。

まずは近場のホームセンターにアタックし、園芸用品売り場でイモムシに効果のある薬剤を購入してきました。

果樹ではないので、ちょっと強力なやつにしました。

帰宅して再度確認すると、やっぱりイモムシは相変わらずうようよしています。

私がやるよ、と申し出たのですが、どういうわけか自分がやっつけるという妙な使命感を持っている子供です。

そのため、軍手にマスク、仕事で使う保護ゴーグルまで持ち出してきて、万全の体制をとっていたのでお任せしました。

薬剤を吹き掛けると、ボタボタとおちて苦しんでいる姿は、まさに阿鼻叫喚だったそうです。

子供も中高生の成長サプリの比較ランキングで選んだサプリのおかげか、ずいぶんとたくましく思えました。

そして、ホントにお疲れ様でした。

 

 

同窓会サイトって初めてです

去年、初めての同窓会サイトができました。

これは出身中学のサイトなのですが、そういえば私にとって初めての同窓会サイトです。

同窓会には今まで何回か参加していて、小学校、中学校、高校と、それぞれ同窓会がありました。

大学は・・同窓会という集まりはないです。

友達とは会っているけど、しっかりと幹事さんが決まっていたわけではないのです、

でも、こういうときにリーダーシップをとる人が必ずいるもので、私も声をかけてもらいました。

今回の同窓会サイトでは、正式に幹事さんが決まっていて、なおかつサイトまでできているという、こういうことが私にとっては初めてです。

自分がいた学校では、同窓会がないと思っている人は、検索してみたらいいかもしれません。

もしかしたら、自分が知らないところで同窓会が開かれているかもしれません。

でも、それを知ったらショックかもしれませんけどね。

友達が知らせてくれるだろうという期待も、しないほうがいいです。

友達も忙しいだろうし、そんなに気をまわしてくれないかもしれません。

それはともかく、中学の同窓会の幹事さん達は、私の想像外の人達でした。

こういうふうにリーダーシップをとるような人だとは、あまり思ってなかったので・・・

もしかして、私が彼らのことを知らないだけなのかもしれませんが、だとしたら失礼しました。

同窓会サイトを見ているだけで、当時の交友関係がわかったり、書き込みを見て思い出すことがあったりすのので、結構おもしろいです。

同窓会の後は何があるかわからないので、一応、下着はピッタリ上下が合ってるか、確認はして行くつもりです。

まぁ、そんなことになれば、小説のネタにもなるなと思いました。